なブログ


by porekon

TOSHIBAの電化商品を処分するケース

TOSHIBAの電化商品商品の引き取りですが、どんな品物があるでしょうか?

TVについてはブラウン管TV、液晶TV、そしてプラズマTVが全て電化商品再利用法の対象となります。

VTR内蔵TVも回収の対象となります。

プロジェクションTV、もしくはPCモニターは対象外ですので、実際、引き取りはできません。


TVですが、「TOSHIBA」のロゴの入ったTV類の製造、販売は「株式会社TOSHIBA」に義務があります。

メーカー名を記入するようなときに関しては「株式会社TOSHIBA」と書いてください。

こんな風に同じTOSHIBAでもいろいろあるって、実際、知っていましたか?
ご存じない方もきっと多かったでしょう。

以前、一部のVTR内蔵TVに製造会社は「TOSHIBAビデオプロダクツジャパン株式会社」とある商品が存在しましたが、これらもメーカー名は「株式会社TOSHIBA」と書いてください。

なぜなら、TOSHIBAビデオプロダクツジャパン株式会社が実際に行っていた事業は、2001年10月から株式会社TOSHIBAに移管されたからです。

TOSHIBAのTVを処分したいケース、その再利用代金ですが、どのくらいかかるのでしょうか?
ブラウン管TV、液晶TV、もしくはプラズマ式TVもサイズで区分されており、その再利用代金は3タイプとも同じになっています。


15型以下のTVは1785円程度、16型以上のTVですと2835円程度の再利用代金を払うことが必須です。

電化商品再利用法に定められた義務を各社が守る感じのため、再利用代金はメーカーによって独自で実際に設定されていましたが、現在はだいたい大差はないようです。
[PR]
by porekon | 2010-03-08 15:41